テレフォンレディの税金は確定申告が必要

「テレフォンレディで得た収入が結構な金額になったけど税金は支払わなくていいの?」と思う方もいるかと思います。
テレフォンレディの税金の支払いには確定申告が必要になります。税金を支払いたくないのは誰でも一緒です。しかし収入額が増えていくと、忘れた頃に税務署から通知が来て、延滞料や最悪差し押さえされたりする事も…。
安心して副業をしたいのなら得た収入は確定申告して、所得税や住民税を支払いましょう。

何故確定申告が必要なのか?

本業では源泉徴収で給料から天引きされている税金ですが、テレフォンレディのお仕事ではそれはありません。テレフォンレディは会社として雇われるといった「雇用契約」ではなく、サイト側との「業務請負契約」になっています。ですので自分で税務署に行って確定申告をする必要があるのです。

個人事業主への報酬というとイメージが湧きやすいですね。ですので経費なども出せます。

確定申告しなくてもいい条件

テレフォンレディでの収入が少ない方は、わざわざ確定申告するのも面倒だと思います。収入額が一定以下の場合は申告する必要がなくなります。
専業主婦(収入がない)・・・年額38万円
他に収入がある(給料、バイト代など)・・・年額20万円

良く分からない場合は相談しよう

初めて確定申告をする場合は、何をしたらいいのかわからないので、やりたくないという方も多いでしょう。しかしマイナンバーの普及や、ふるさと納税など今後は確定申告のやり方を覚えておいた方がお得になります。
税理士に相談するのが一番簡単ですが、お金がかかります。最寄りの税務署に行くと、親切に答えてくれます。
そこで「確定申告の書き方」や「経費の出し方、出せる領収書」「普通徴収で本業にバレ無い様にする方法」など聞いてみましょう。